贈る人、贈られる人に、幸せと笑顔を。

ご注文・お問い合わせ
03-6450-6416 法人専用窓口:平日10:30~18:30

お年賀

お年賀 御年賀 法人 企業 手土産 会社 取引先 オリジナル

贈る前に知っておきたいお年賀豆知識

お年賀とお歳暮の違い

お年賀とお歳暮では、贈る時期と意味が異なります。
お年賀は、日頃お世話になっている方へ新年のご挨拶にお伺いする際にお渡しする贈りものです。法人間では、年始のご挨拶まわりの手土産として「お年賀」を利用されています。
お歳暮は、お世話になった方への年末のご挨拶にお伺いする際ににお渡しする贈りものです。

 

 

お年賀を贈る時期

お年賀をお贈りする時期は地域によって異なります。関東地方では1月7日まで、関西地方や山陰地方、名古屋は、1月15日までとなります。
一般的に元日は避け、松の内(正月の松飾りのある期間)までに済ませます。
お年賀は年始のご挨拶まわりでお渡しするので、お相手のスケジュールにもよるかもしれませんが、年始のなるべく早い時期が好ましいです。
1月中旬以降にお渡しする場合、熨斗(のし)の表書きはお年賀ではなく「寒中見舞い」となります。

 

 

お年賀の相場

一般的なお年賀品の購入価格は3,000円~5,000円が相場とされています。
ご予算は贈るお相手との関係性によりますが、特別なお取引先様や目上の方などに贈る場合は5,000円以上のものを選ぶこともあります。
okurimonoでは、3,000円の価格帯のものが特に人気となっておりますので、豊富に取り揃えております。
お年賀品は「名刺がわり」という意味がありますので、食品以外に日用品やタオルなど、実用性のあるものも好まれます。

 

 

お年賀のマナー

お年賀は新年のご挨拶にお伺いする際に直接持参してお渡しする手土産のため、宅配便を利用して贈ることはタブーとされています。
そのため、どうしても宅配便でお贈りをされたい場合は、お年賀の時期を外して「寒中見舞い」としてお贈りすることをおすすめしております。

 

 

全350件中 1件 - 40件
全350件中 1件 - 40件