贈る人、贈られる人に、幸せと笑顔を。

ご注文・お問い合わせ
03-6450-6416 法人専用窓口:平日10:30~18:30

手土産

おもたせ、手土産はお取引様への訪問の際、「いつもありがとうございます」、「どうぞよろしくお願い致します」など言葉以上の気持ちを伝えたい時の最大の武器になります。

お相手の年齢や性別、趣味趣向に合わせて、日頃の感謝を込めた手土産をお渡しすれば更に信頼関係は深まるものです。
そこでokurimonoではお取引様との信頼関係をよりよいものにするためのお手伝いをさせていただきます。

 

お渡しするタイミングは?

手土産をお渡しするタイミングはまず双方のお名刺交換が済んだ後などに本題に入る前にお礼を述べてお渡しします。
最初にお渡しする方がビジネスの話を進める上でも会話のきっかけ作りになりますよね。ただし、会食の際などには会食が終わった後、お見送りをする際にお渡しするのをおすすめいたします。
 

 

お渡しする際のマナー

  • 上司が同行の場合には

ご訪問の際にご自身の上司が同行されている場合には、上司から手土産をお渡しするのがマナーとなっています。このようなちょっとしたマナーを身につけるだけでお取引様への印象も全く違ってきます。


 
  • 手土産の渡し方は?
 

紙袋の役割とは訪問先まで手土産を持っていくのに汚れから保護するためのもの。お渡しする際には中身だけをお渡しします。まず立った状態でお渡しする際には手土産を紙袋からすばやく出して邪魔にならない場所へ置いておきましょう。そして正面をお相手に向けてお渡しします。商談後にお渡ししたい場合には紙袋に入れたまま椅子の上などに置いておきましょう。決して大切な手土産を足元に置くようなことがないようにしてください。
 

  • 手土産を渡す際に添えるひと言…
 

手土産をお渡しする際に添える言葉としてよく使われがちなのが

「つまらないものですが・・・」。

これは「つまらないもの」をお渡ししているわけではありませんので、最近ではあまり使われない言葉です。
できれば、
「心ばかりではございますが・・・」
「こちらはほんのご挨拶がわりに・・・」
といった言葉を添えてはいかがでしょうか。

実は手土産をお渡しするタイミングと言葉で、お相手の心がほんの少し穏やかになる効果もあります。ぜひお互いの信頼関係を築くためのチャンスと心がけてください。

おすすめ商品

全1053件中 1件 - 40件
全1053件中 1件 - 40件